名古屋で援デリ業者に所属しないために

名古屋のみならず、風俗求人を探す際には、そのお店がちゃんと営業許可を出している正規店なのかを確認する必要があります。
いざ、働いてみたら、どうも話が違う。
ホテルの部屋に直接ではなく、ホテル街近くのコンビニなどで待ち合わせでお客さんと遭う。
メールなどでやり取りした記憶もないのに、なぜだか自分の情報を知っていたり、親しげに話しかけてくるなんてことがある場合には、援デリをしている組織かもしれません。
援デリと性風俗店は違いますから、当然にそこに在籍していれば、さまざまなトラブルに見舞われることになります。
名古屋で援デリ業者にうっかり所属しないためのポイントを紹介しましょう。

援デリは犯罪集団です

性風俗店は、ハコモノであっても、デリバリー型であろうと、営業許可を受け、税金もしっかりと収めているサービス業の会社です。
一方、援デリ業者は、そういったことは一切せず、税金すらも納めていない犯罪者集団です。
そもそも、素人女性を装い、女の子を派遣しているわけですから、詐欺行為ですし、これは売春斡旋という立派な犯罪です。
確かに風営法のルールは、グレーな部分が多いため、働く女の子からしてみると、何が違うの?というレベルかもしれません。
しかし、援デリ業者が行っている行為は、管理売春というものに該当し、完全に真っ黒。
アウトなわけです。

なんでもアリになってくるため捕まってしまう

こういったことを細々と行っていれば、まだ目を付けられることは少ないですが、一つでも法に触れる行為をしている集団というのは、どんどんと欲を出し、何でもアリにエスカレートすることがほとんど。
その内に、未成年者を働かせたり、わざと本番行為をさせ、ルール違反だから、賠償金を払えと恐喝する。
妊娠をさせたので、堕胎費用と慰謝料を支払えと迫る。
こういった犯罪に手を染めていくため、知らずにその一員にされることになるので注意しましょう。

関連する記事